リスニング 英語耳 ネイティブ 発音

DVDを見ながら英語耳を作ろう!2重字幕+リスニングが可能なソフトはコレだ!

MENU

ネイティブの発音をきちんと捉えるには?

 

 

ネイティブの発音をきちんと捉えるには、
ネイティブの英語をリスニングしてその英文を見ることが大事です。

 

 


※イメージ図

 

1つの英文の中で、どの音が省略されていて
どの音が強調されているのかを理解しないといけないんですね。

 

 

 

英語の音はリズム勝負。

 

 

 

一回の息継ぎで行けるとこまでリズム良く発音しちゃいます。

 

 

 

それに引き換え日本人はというとゆっくりとハキハキ喋ることが日本人の美徳とされている為
息継ぎの感覚はとても短いんです。

 

 

 

だからこそ、英語が物凄く速く感じるんですね。

 

 

 

さらに言えば、日本語はゆっくり発音することができますが、
英語はゆっくり発音することができません。

 

 

 

英語は擬音によく似ている(と思う)のですが、例えば、
日本人に

 

 

 

シャドーボクシングしているときの口からでる「シュッシュッ」という音をゆっくり発音してみて。

 

 

 

といっているような感じ。

 

 

 

普通に無理ですよね。
(無理やり出来たとしても口に違和感が残ってしまう。)

 

 

 

要は何を言いたいのかというと、
英語で使われる発音と日本語で使われる発音では、
音域や口の使い方がまるっきり違うということなのです。

 

 

 

ですので、ネイティブの発音を捉えるには、まずはネイティブで使われる音域を自分の中で広げる必要があるんですね。

 

 

 

そのために一番効率のよい学習方法は、シャドーイングという方法です。
英語を聞きながら、自分で繰り返して発音してみる学習方法です。
(映画やDVDを見ながらやるといいですね!)